ABOUT GSX

ABOUT GSX

GSXは、1995年に創立した日本の時計ブランド。

国内デザイン、国産ムーブメント、国内組立、そして国内で、職人が一本一本丹念に
生産された「メイド・イン・ジャパン」をテーマとしたコレクションを展開。

映画や、ゲーム、アーティスト達とのコラボレート作品も多数発表し、時計好きのみならず
幅広い層から注目を浴びている。

大量生産ではなく、人生を豊かにするために存在する“大人の遊び心”をテーマにした
時計の形をしたいわば、趣向品を目的としている。

DESIGN FIRST

DESIGN FIRST

早すぎず、遅すぎない、ちょっと先にある優美なデザイン。
トレンドは追わない。
ただそのときに創りたいと思ったものを創る。
流行は創らない。

流行遅れにならない、でも現実的ではない
ちょっとだけ先進したデザインは腕に新鮮であり、人の目を惹くだろう。

GSXは「どこの時計?」という評価を追求し続け、常に新鮮で、興味の溢れた
でも、大人の時計を創り続ける。

LOGO

LOGO

文字盤のロゴはシリーズ毎に異なる。

多くのブランドは同じ “ ロゴ ” を統一して使用する。
しかし、その “ ロゴ ” の為にデザインに狂いが生じる。
GSXの“ ロゴ ” は “ ロゴ ” ではなく、デザインにしかすぎない。

時計のデザインを行った後に、そこにあったデザインを “ ロゴ ” として置く。

仕事が終わったことを伝えるように…。 そっと、デザイン優先に。

デザインに溶け込むように。

LIFE

LIFE

Life is EXPERIENCE
時間を忘れるための時計

人は時計をのぞくとき、多くの人は時間を確認しているだけではない。

多くの人は「時計」を眺めているのである。

スマートフォンが普及して、街のあらゆるところにはデジタルの時計が点在して、

時間を知ることが難しくなくなった現代において、時計を持つ意味はなんなんだろうか?

GSXはそのテーマを追求し、一つの答えを時計に表現した。

それは「心が豊かになる時間提案」 時間を忘れるためにGSXは時計を創り続けている。

PRODUCER

PRODUCER

「株式会社ベスト販売」代表取締役社長  (都内近郊・札幌・大阪に9店舗の時計販売店経営)
「GSX WATCH JAPAN」プロデューサー
「ni produce design」チーフディレクター

映画評論、ラジオパーソナリティーと他分野でも活動。

Favorite
車、建築、映画、孫子、デザイン、旅行、もちろん時計、007

Blog
独自の観点で時計創りや趣味の映画、
各分野からの独り言などをブログで掲載。
Facebook
石田憲孝 facebook
PAGE TOP